2017/07/21

便利な外音取り込み機能

ソニーのウォークマンNW-WS413,414,623,625についている外音取り込み機能というのがあります。

20170722_1280_0001.jpg

1年間使ってみましたが、とっても便利でおススメしたいので記事にしておきます。

ただ、この機能は実際に日々の生活の中で使ってみないとわからないと思います。
家電量販店等で試してみる場合は店内のアナウンスがよく聞こえるのでノイズが多めに聞こえます。

個人差があると思うので参考程度にしてください。

外音取り込み機能とは


特長:外音取り込み
音楽を聴きながら、周囲の音を聞くことができるという機能です。
音は立体的に聞こえるので、前後も分かります。
ウォーキングやジョギング等で周囲の様子をある程度確認しながら音楽を聴くことができます。

①ON/OFFが簡単。
 外音取り込みボタンを押すと、ONとOFFを簡単に切り替えることができます。
②3段階切り替えられる。
 取り込む音量を3段階で調整できます。(モードA→モードB→モードC→モードA→、、、と繰り返します。)
 外音取り込みボタンを長押しすることで3段階切り替えられます。

聞こえる音


・車のエンジン音
・車の走行音
・風の音
・電車のノイズ
・アナウンスや音楽等スピーカーから発生している音

外音取り込みが止まる音


不快な音は切断してくれるようで以下の音が聞こえると数秒外音取り込み機能が止まります。
①車のブレーキ音(キーという音)
②自転車のブレーキ音
③お皿がぶつかる音

聞こえづらい音


①聴いている音楽と重なる音
 ボーカル曲を聴いているときは話し声は聞きづらいです。
②自転車の音
 自転車の音は、かなり音量を抑えないと聞こえません。
③人が歩く音
 静かな場所であれば気づくかもしれませんが外だと結構気づきません。

私の使い方


外音取り込み機能の音量はモードA(最小)で使っています。

①外音取り込み機能をオンにするシーン
 ・ウォーキングする時。
 ・街中を歩くとき
 ・勉強する時。
 ・BGMを流しながら集中したいとき。
②外音取り込み機能をオフにするシーン
 ・電車内
   電車のノイズや話し声が気になります。
 ・駅構内
   アナウンスや電車のノイズが気になります。
 ・お店の中
   家電量販店などのアナウンスが気になるため。

対応機種


2017/7/22現在では以下の機種が販売されています。
・NW-WS623(4GB) 3色、Bluetooth接続機能あり
 ウォークマン動作時 9~12時間、Bluetooth接続時3~4時間


・NW-WS625(16GB) ブラックのみ、リモコン付き、Bluetooth接続機能あり
 ウォークマン動作時 9~12時間、Bluetooth接続時3~4時間


・NW-WS413(4GB) ブラックのみ、Bluetooth接続機能なし
 ウォークマン動作時 9~12時間
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント