2017/06/12

XMC10 その11 ポータブックでできないことと使用6カ月の感想


XMC10関連の目次
キングジムのポータブックXMC10を使用し続けて半年が経過しました。
AnniversaryUpdateやCreatorsUpdateでは大変苦労しましたが、、、(;´・ω・)
とりあえず、持ち運び用としては及第点をあげたいと思います。


ポータブックでできないこと。


(1)eMMCの交換はできない。


ポータブックを利用していてぶち当たるeMMCが32GBしかないという問題。。。
残念ながら、eMMCはメイン基盤に搭載されているので換装はできません。
超高度な半田スキルを持つ方であれば換装できるかもしれませんが、、、現実的ではないでしょう。

私はeMMC搭載PCを持つのは4台目なんですが、SSDのように一台も交換できるものはありませんでした。

(2)メモリも交換できない。


eMMCと同様にメモリもオンボードで搭載されているため2GBのままで使いましょう。(´・ω・`)

(3)USBのバスパワーが弱い


USBへの供給電力が小さいようなので、電力を食うUSBHDDなどのUSBバスパワー製品は補助電源やセルフパワーのUSBハブが必要でしょう。

使用6カ月の感想


半年も使っているとやはり悪い点が目立つようになってきますね。
バッテリーはかなり品質悪いようで、電源を入れていなくても1日5%ぐらい減ります。(ただ、モバイルバッテリーがあれば充電可能なのでそこはメリットととらえるべきだと個人的には思います。)

3行で表現すると。。。

・テキスト編集のみであれば、2万円という購入価格を考えると十分及第点です。
・ノートパソコンとしてみると、絶対ありえません。
・小さいPCが好きな人はきっと気に入るでしょう。

これから購入する方へ


ポータブックだけでなく、StickPCや格安の32GBのeMMC搭載PC全てに共通しますが、、、
・Windows10の大規模Updateをするたびにクリーンインストールする覚悟をしておく。
・インストールするアプリはできれば2GB以内に抑える。
・ディスククリーンアップは定期的に行う。(2カ月に一回ぐらい)

市場在庫は無くなったようで新品は値上がりしているようです。
半年ぐらい使ってみた感じでは4万円ぐらいまでが適正価格なんではないかと思います。


XMC10関連の目次

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント