2017/02/10

プレゼンテーションに使える(かもしれない)指マウス


XMC10関連の目次
キングジムポータブックXMC10を持っている方はプレゼンをする機会も多いのではないでしょうか。
その場合に、ポータブック好きそうな方が持つと、きっと有効に使ってくれるガジェットでしょう。


プレゼンが便利になる(かもしれない)指マウスというのがあります。

なぜ、(かもしれない)が付くかというと。。。

ポータブックと同じ光学式ポインタだからです。
使いこなすにはが必要です。

20170210_1280_0001.jpg

私が持っているのは、ひとつ前のリングマウスプラス。

現在購入可能なのはリングマウス2ですが機能は変わりません。


レシーバーも小型なので、ポータブックの裏蓋は閉まります。
20170210_1280_0003.jpg
20170210_1280_0004.jpg

使用イメージはサンワダイレクトのHPがわかり易いです。
(★サンワダイレクトは¥5,480でAmazonだと¥4,480です。)

●ボタンの機能
・光学式ポインタの部分が左クリックになっています。
後は上下左右にボタンがありデフォルト設定では
左ボタン:モードを切り替える(カーソル/スクロール)
右ボタン:右クリック
上ボタン:ドラッグロック
下ボタン:戻る

●ボタンの割り付け変更
ソフトをダウンロードすると、ボタンの機能を変更できるようになります。
左ボタン以外の4つのボタンは以下の機能を割付可能です。

分類具体的に割り当て可能な項目
基本機能・ドラッグ/移動(デフォルトの上ボタン)
・右クリック(デフォルトの右ボタン)
・左クリック(デフォルトの真ん中ボタン)
・戻る
・ダブルクリック
ウィンドウズの機能・ウィンドウを切り替える
・コンピューターのロック
・ウィンドウを閉じる
・デスクトップの表示
マルチメディアの機能・再生/一時停止
・停止
・戻る
・進む
・音量+
・音量-
・ミュート
インターネットの機能・IEホーム
・戻る(デフォルトの下ボタン)
・進む
・更新
プレゼンテーション・全画面
・Page Up
・Page Down
・終了
・ブラックスクリーン


●具体的なプレゼンでの使い方
(1)プレゼン専用のセッティングにして、レーザポインタと組み合わせて使う。
 通常の使い方です。
 プレゼンの機能を割付して、パワーポイントの操作を行い、レーザーポインタで説明を行う。
 
 ★マジシャンのようにプレゼンをすることも可能です。

(2)デフォルトのままマウスとして使って、プレゼンターと組み合わせて使う。
 ロジクールのプレゼンターと組み合わせれば、パワーポイントの操作はプレゼンターで行い
 ファイルの切り替え操作を指マウスで行うといった連携も可能です。

 鍛錬が必要ですが、左手に指マウス、右手にプレゼンターなんて持ち方もありかと。
ロジクール ワイヤレスプレゼンター R400t


使いづらかった場合は、寝ながらパソコンで使ったり、応用範囲は広いです。
サンワサプライ リングマウス2


私は、こんな感じで2台同時に使いたい場合にも使っています。
サブPCで電子書籍やWebページを読む場合に、手首の位置を変えずに進んだり戻ったりできるので便利ですよ。
20140622_084102227_iOS_R.jpg

XMC10関連の目次
スポンサーサイト