2017/02/17

UnifyingとBluetoothSmartを切り替えて使用できるマウス。

ロジクールのMX Anywhere 2というマウス。
高いのですが、3台のPCに接続できるのと、操作性が格安マウスとは比べ物になりませんので非常にコスパはいいと思います。
20170216_640_001.jpg

切替が3台であることは知っていたのですが、UnifyingレシーバーとBluetoothSmart2台かなと漠然と思っていました。

しかし、、、実際に使ってみると、UnifyingとBluetoothSmartの組み合わせは自由で最大3台でした。

嬉しいことに、余っているUnifyingレシーバーと組み合わせてUnifyingレシーバーx3という組み合わせもできます。
・会社のPC
・自宅のPC
・持ち運びのノートPC
全部USBのレシーバーは付けっぱなしでUnifying接続を切り替えるだけで使用することができます。
★注意★下記の写真のNanoレシーバー2つは製品に付属していません。別途購入が必要です。
      私の場合は、他のマウスやキーボードの余りを使っています。

20170217_640_004.jpg

レシーバーも今までのNanoレシーバーよりも小さいpicoレシーバーなので使いやすいです。
(上の写真の真ん中のレシーバーがMX Anywhere 2付属のpicoレシーバーです。)

OTGの小型コネクタと組み合わせればmicroUSB端子しかないタブレットでも使うことができます。BluetoothSmartでもペアリングしておくと、
・充電中はBluetoothSmart接続
・充電していない時はUnifying接続
という使い方ができるので、充電中のみBluetoothのチャタリングを我慢すればいいことになります。
20170217_640_005.jpg
20170217_640_002.jpg

●マルチデバイス機能を持つマウスは下記の3台です。
ロジクール M720
ロジクール MXAnywhere2
ロジクール MX Master


●マルチデバイス機能を持つキーボードと組み合わせることもできます。
大きいサイズのキーボードしかないので、モバイル用途で使えないのが難点ですが。。。
ロジクール K370s
ロジクール K780


●Unifyingレシーバーは別途購入も可能ですが、安いマウスに付いてるものを使うのも手です。
Unifyingレシーバー(Logitechの海外輸入品だと思われます。)
ロジクール m235r


ワイヤレスがいいけど、Bluetoothの電波干渉によるチャタリングが嫌だという方は是非試してみてください。(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト
2017/02/10

プレゼンテーションに使える(かもしれない)指マウス


XMC10関連の目次
キングジムポータブックXMC10を持っている方はプレゼンをする機会も多いのではないでしょうか。
その場合に、ポータブック好きそうな方が持つと、きっと有効に使ってくれるガジェットでしょう。


プレゼンが便利になる(かもしれない)指マウスというのがあります。

なぜ、(かもしれない)が付くかというと。。。

ポータブックと同じ光学式ポインタだからです。
使いこなすにはが必要です。

20170210_1280_0001.jpg

私が持っているのは、ひとつ前のリングマウスプラス。

現在購入可能なのはリングマウス2ですが機能は変わりません。


レシーバーも小型なので、ポータブックの裏蓋は閉まります。
20170210_1280_0003.jpg
20170210_1280_0004.jpg

使用イメージはサンワダイレクトのHPがわかり易いです。
(★サンワダイレクトは¥5,480でAmazonだと¥4,480です。)

●ボタンの機能
・光学式ポインタの部分が左クリックになっています。
後は上下左右にボタンがありデフォルト設定では
左ボタン:モードを切り替える(カーソル/スクロール)
右ボタン:右クリック
上ボタン:ドラッグロック
下ボタン:戻る

●ボタンの割り付け変更
ソフトをダウンロードすると、ボタンの機能を変更できるようになります。
左ボタン以外の4つのボタンは以下の機能を割付可能です。

分類具体的に割り当て可能な項目
基本機能・ドラッグ/移動(デフォルトの上ボタン)
・右クリック(デフォルトの右ボタン)
・左クリック(デフォルトの真ん中ボタン)
・戻る
・ダブルクリック
ウィンドウズの機能・ウィンドウを切り替える
・コンピューターのロック
・ウィンドウを閉じる
・デスクトップの表示
マルチメディアの機能・再生/一時停止
・停止
・戻る
・進む
・音量+
・音量-
・ミュート
インターネットの機能・IEホーム
・戻る(デフォルトの下ボタン)
・進む
・更新
プレゼンテーション・全画面
・Page Up
・Page Down
・終了
・ブラックスクリーン


●具体的なプレゼンでの使い方
(1)プレゼン専用のセッティングにして、レーザポインタと組み合わせて使う。
 通常の使い方です。
 プレゼンの機能を割付して、パワーポイントの操作を行い、レーザーポインタで説明を行う。
 
 ★マジシャンのようにプレゼンをすることも可能です。

(2)デフォルトのままマウスとして使って、プレゼンターと組み合わせて使う。
 ロジクールのプレゼンターと組み合わせれば、パワーポイントの操作はプレゼンターで行い
 ファイルの切り替え操作を指マウスで行うといった連携も可能です。

 鍛錬が必要ですが、左手に指マウス、右手にプレゼンターなんて持ち方もありかと。
ロジクール ワイヤレスプレゼンター R400t


使いづらかった場合は、寝ながらパソコンで使ったり、応用範囲は広いです。
サンワサプライ リングマウス2


私は、こんな感じで2台同時に使いたい場合にも使っています。
サブPCで電子書籍やWebページを読む場合に、手首の位置を変えずに進んだり戻ったりできるので便利ですよ。
20140622_084102227_iOS_R.jpg

XMC10関連の目次
2017/02/01

持ち運びに便利なBluetoothイヤフォン

今使っているAnker SoundBuds Sport NB10スポーツタイプなんですが、ながら作業に向いているので重宝しています。

スポーツ用にデザインされているので多少激しく動いてもずれません。

キングジムポータブックXMC10との相性もばっちりです。
20170201_003.png
重さは21gなので、持ち運びも苦になりません。
20170202_001.png

●細かい仕様
(1)電池はだいたい5~6時間
(2)この値段にしては低音がしっかりと出ている。(個人的な感想)
(3)恐らく、マルチペアリング対応
  商品説明には書いてないのですが操作の中で
   ・ペアリングモードに入る
   ・現在のペアリングを解除してペアリングモードに入る。
  という操作ができ複数の端末とペアリングすることができます。
  
私はPCとAndroidタブレットで使っていますが接続情報は記憶しているようなので、恐らくマルチペアリング対応していると思われます。
  ★注意★イヤフォン側から切り替えることはできないので、接続しない方のBluetoothを切るという作業は必要です。


(4)防水
 IPX5防水規格対応
 → 水没はさすがに無理でしょうが雨・汗は大丈夫だそうです。

●欠点
(1)曲を進める機能はあるのですが、「曲を戻す」機能がありません。
 地味に必要なんですが、、、まあ無ければないで慣れます。
(2)Bluetoothの宿命ですが、電波状況が悪いと音飛びすることがあります。
(3)ホワイトノイズが入る。
  「サー」というホワイトノイズが入ります。
  静かな曲を聴くときに気になります。
  ※これも恐らくBluetoothの仕様だと思います。今まで10台ほどBluetoothイヤフォンやヘッドセット使いましたが、ホワイトノイズ無しという機種に出会ったことはありません。




箱はかっこいいです。

20170201_002.png

付属品は
・S,M,Lのイヤーパッド
・フィットクリップ(予備)
・充電用コード
・収納ポーチ
20170201_001.png

値段も安いのでぜひお試しください。

2017/01/29

モバイルルーターAterm MR03LNが税込¥6,980


XMC10関連の目次

外で複数の端末を使うときに便利なモバイルルーターがイオシスで安くなっています。
中古Cランクですが、¥6,980(送料¥500)です。
1年前私が購入した時は¥24,800でした(´;ω;`)

SIMフリーなので格安SIMと組み合わせて運用することも可能です。
私はDTI SIMを使っています。

事務手数料が¥3,240かかりますが、データ3GBならデータ半年お試しプラン(半年経過後は¥840+税)というのもあります。

●重さは104g、バッテリーは使用状況にもよりますが6~8時間ぐらいは持ちます。
DSCF0956_R.png

●ポータブックを外で使う際に活躍します。
DSCF0955_R.png


★注意★ただし、商品説明に誤解のしやすい部分が、、、
この商品5GHzに切り替えで対応しているのですが、屋外でLTEと組み合わせて使用はできません。
5GHzのW56という屋外OKなWifiが使えるのは、、、
外で公衆無線LAN-本機-接続機器という風につなぐときに、公衆無線LANがW56に対応しているときだけです。
その点だけ注意してください。詳しくは本製品のマニュアルを参照してみてください。

MR03LNのマニュアル(5GHz帯で利用する)

要するに格安SIMを入れて本製品を屋外で使うときは2.4GHz専用と思った方がいいです。

その点ポータブックのWifiは2.4GHz専用なのでぴったりです。
購入はこちらからどうぞ↓


●内蔵電池は交換可能です。
中古でバッテリー心配ですが交換可能なのでずっと使えます。


ちなみにMR03LNよりも新しいMR04LNとMR05LNは屋外でも5GHz帯が使えます。
★切り替え式なのは変わりませんのでポータブックと組み合わせて使うときは2.4GHzで使用することになります。


XMC10関連の目次

2014/06/28

軽くて持ち運びに便利なコンセント+USB充電できるタップ

持ち運びに便利なコンセント2個口+USB2口のタップを発見しました。



USBの口は1000mAが二口なので2.1Aタブレットは充電できません。
大きさは65mmx114mmx11mm
重さは66g
ポケットにも入ります。

20140628_111638994_iOS_R.jpg

正面からみたところ(iTunesカードは大きさ比較用です。)
20140628_112211075_iOS_R.jpg

USBの口は横に付いています。
20140628_112145592_iOS_R.jpg

重さは66gです。持ち運びには最適ですね。
20140628_112418636_iOS_R.jpg


●タブレットを充電する場合は少し大きくて、重く(104g)なりますが下記の製品があります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。