2017/02/23

VirtualBoxに新規でUbuntuを入れる準備

※初心者向けに、Windows上での操作を説明します。(MacでもLinuxでもVirtualBoxは使えます。)

VirtualBoxを使うと、色々なOSを動かすことができます。

・Ubuntu
・CentOS
などなど。

試してみたいOSのインストール媒体を用意すれば、今の環境を壊さずに使うことができます。

●新規で仮想マシンを作成する手順(例としてUbuntuServer16.04を利用します。)

(1)インストール媒体の準備

UbuntuServerのHPからダウンロードします→UbuntuServerのHP

(2)OracleVMVirtualBoxマネージャーを起動します。

下記の画面が出るので「新規」をクリック。
snip_20170222134708.png

(3)インストールするOSの選択

・名前:任意の名前を入力します。
・タイプ:インストールするOSのタイプを選択します。(Windows,Linux等)
・バージョン:インストールするOSのバージョンを選択します。
snip_20170222134839.png

(4)メモリーサイズ

緑の範囲に収まるメモリーサイズを選択します。(例では900MB)
snip_20170222134918.png

(5)ハードディスク

「仮想ハードディスクを作成する」を選択して「作成」をクリック
snip_20170222134934.png

(6)ハードディスクのファイルタイプ

分からなければ「VDI」のまま「次へ」をクリック
snip_20170222134953.png

(7)物理ハードディスクにあるストレージ

初心者の方は「固定サイズ」を推奨。

可変サイズ:最初は小さいですが後から大きくなります。(20GBを指定しても最初は数GBのファイルで済む)
固定サイズ:作成するときに20GBなら20GBのファイルを作成します。
※後からサイズが大きくなってしまうと後々のトラブルが発生しやすいので、初心者の方は固定推奨です。
snip_20170222135031.png

(8)ファイルの場所とサイズ

仮想HDDを作成する場所とサイズを指定します。
サイズはインストールするOSの推奨値になっているので、分からない場合はそのままでもOKです。

★仮想ディスクのファイルをSDカードにしたい場合は、ここで変更してください。
  →(フォルダのアイコンをクリックして、変更する。)
snip_20170222135056.png


(9)インストール媒体を指定する

ストレージの「[光学ドライブ]空」と書かれた部分の上で右クリックします。
snip_20170222135416.png

(10)ディスクイメージを選択

「ディスクイメージを選択する」をクリック
snip_20170222135505.png

(11)ディスクイメージを選択

(1)でダウンロードしたインストール媒体を指定します。
snip_20170222135821.png

(12)仮想マシンの起動

インストール媒体が指定されていることを確認して、「起動」をクリックすると、仮想マシンが起動してインストーラーの画面が表示されます。
snip_20170222135852.png

ここから先はOSのインストーラーの指示に従ってインストールしてください。

★注意★
以降はVirtualBoxの操作になりますが、カーソルが消えてしまって操作ができなくなってしまった場合は「右Ctrlキー」を押してみましょう。(右Ctrlキーが無い場合はCtrl+Alt+Delで一旦ホストOSに戻ることが可能です。)
スポンサーサイト
2017/02/18

OracleVirtualBoxのインストール手順

OracleのVirtualBoxのインストール手順です。

特に難しい点はなく、インストーラーの指示(英語)に従ってインストールしましょう。

OracleのHPを開きます→Oracle VM VirtualBox
●「こちら(USサイト)」をクリック
20170217_VirtualBoxDownload01.png

●「Windows Installer」をクリック。
20170217_VirtualBoxDownload02.png


●ダウンロードしたインストーラーを起動します。
「Next」をクリック
20170217_VirtualBoxInstall01.png

●インストール先を確認して、「Next」をクリック
 ★インストール先を変更する場合はBrowseをクリックして変更してください。
20170217_VirtualBoxInstall02.png

●ショートカットの作成を選択します。選択したら「Next」をクリック
20170217_VirtualBoxInstall03.png

●インストール中にネットワーク接続が一時的に切れるので確認してよければ「Yes」をクリック
20170217_VirtualBoxInstall04.png

●「Install」をクリック。(この後に暗転してUACの確認が出るので「はい」を押します。)
20170217_VirtualBoxInstall05.png

●「Finish」をクリックします。
20170217_VirtualBoxInstall06.png

以上でVirtualBoxのインストールは終了です。
2017/01/15

ながら作業におすすめイヤフォン・ウォークマン

部屋で勉強しながら音楽を聞いていて
・親に呼び出されたのに気づかずに怒られた。
・トイレに行こうとしてスマホやウォークマンを落とした。
・音楽に夢中になりすぎて、人が近づいてきても分からずびっくり
・聴きたい音楽があるが、ほかの人には聴かれたくない
という経験がある方におすすめしたいのがスポーツタイプのイヤフォンやウォークマン

下記の写真のようなものです。
20170115_1.jpg

このタイプは運動してもずれないというメリットがあります。
多分、ジョギングや散歩、ジムで音楽を聴きながら運動したいというニーズで購入する方が多いと思います。

ソニーのNW-S413,414でも「外音取り込み機能」という便利な機能がありますが
車の音は聞こえるものの、音楽聴きながら会話というレベルには行きません。

そこで、、、裏ワザというほどではないものですが、、、

あえてイヤーピースの部分を、耳の奥まで入れずに耳に軽く当てるだけ

という付け方をしてみると、生活音も聞こえるので、ながら音楽と日常生活の両立が可能になります。
音質はちゃんと装着した時よりは落ちますが、BGMを自分専用で聴く用途に適しています。

私が半年使ったうえでおすすめしたいのは下記の3種類。

ANKERのNB10
・Bluetooth接続で音楽を聴くイヤフォンです。
・普段スマホやPCで音楽を聴いている人はこれです。
・防水機能はIPX5(浴室は恐らく未対応)


NW-WS413NW-WS414
・お風呂もプールも入れる防水機能IPX5/8。
・音楽を聴くにはPCと同期する必要があります。
・外音取り込み機能付き
 (外部の音を敢えてマイクで取り込む機能です。最初は違和感がありますが、車の音が聞こえるようになるので、安心して音楽聴きながら歩いたりジョギング等ができます。)
・WS413(4GB、黒のみ)
・WS414(8GB、黒、白、緑の3色)


NW-WS615
・ウォークマンでありながらBluetooth接続も可能です。
・プールでも使える防水機能IPX5/8相当
・16GB
・注意点は、NW-WS413,414と違って浴室での使用はできず外音取り込み機能もありません。



本当はNW-WS615の浴室対応と外音取り込み機能が付いたものが発売されれば売れると思うのですが。。。
WS413,414の発売から1年経過しますがまだ新製品は出ないようです。
2015/02/02

タッチパッド付きのBluetoothキーボード

BuffaloからiBUFFALO Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード タッチパッド搭載モデル ブラック BSKBB23BKが発売されたようです。

重さも223gなのでWin8タブ用の持ち運びキーボードとしてはいいのではないでしょうか。
マウスのボタンはFnキーを押しながらAltで左クリック、Fnキーを押しながら「かな」で右クリック
ただ、タッチパッドのクリックは左クリックのみなので、自分の好みとしては物理ボタンを付けて欲しかったですね。

やはり自分としてはELECOMのトラックボール付きキーボードTK-FDP021BKの方が好きです。
こちらは電池無しで284gですが、、、




2014/12/06

やっとブルーライトカットソフトがiOS対応しました。

私はブルーライトマニアです。

個人差はあると思いますが、私の場合は
・目の奥に感じる痛みが無くなった。
・夜になかなか寝付けなくなっていたのが寝付けるようになった。
と、非情におおきな効果がありましたので、現在は少し高価でもiPadやiPhoneはブルーライトカットのフィルムを付けるようにしています。

PCやAndroidはソフトでブルーライトをカットしてくれるものがありますのでそれを使っていました。
↓最近買った中古のPCと並べたときに比較してみた画像です。
20141124_141958453_iOS_R.jpg

ただ、iOSには対応していなかったのでiPadminiやiPodTouchにはブルーライトカットの液晶保護フィルムを付けていました。

しかし、ついにソースネクスト対応ブラウザを出したようです。
(★注意1★ブラウザだけでiOSの全部がブルーライトカットできるわけではありません。)

10台分のライセンスが付いているようですので、家族の分も買えます。
値段もダウンロード版であれば¥2580とお得だと思います。

★注意2★PCでマルチモニターを使用している方は、USB接続を使用するモニターは制御できません。その点はご注意ください。

超ブルーライト削減